本日のお買い物♪

今日ネットで購入したものは、

クラッシックのコンサートチケットです♪

母が行くつもりで定価で購入していたのですが

行く予定の会場のチケットがあまっていたのか

クーポンサイトで見つけてしまい・・・

私は追加で1枚安く購入し、付き添いで行くことになりました!!

それにしても、チケットが1枚¥12000なので

クーポンサイトで見つけた時は値下がりして¥8000でした!!

直前に販売してくれるなら最初の1枚は買わなかったのに・・・

クーポンサイトで地元のコンサートチケットが偶然販売されるなんて

考えもしなかったし・・

2枚とも安値で買えていたら良かったのですが・・・

一番良い席のSS席が値段が高いので売れ残るのもわかる気がしました。

チケットの購入資金に利用するなら>> 主婦にピッタリの低金利のカードローン

キャッシングの落とし穴

キャッシングは今でこそ、専業主婦は借りられないとか、年収の3分の1までだとかの規制がかかっていますよね。

でも、ちょっと前までは限度額は広げ放題で、借りられるだけ借りている人がいっぱいいました。

ATMで銀行からお金をおろしているのとほとんど変わらない感覚と言えます。

ATMはおろしたら残高が減りますが、キャッシングは限度額が減ります。

最初は借りる事に抵抗感がありますが、慣れてくると罪悪感も薄れていくんです。

しかも返済額はそんなに高くありません。

毎月最低でも記載されている額を返せば、何も文句は言われません。

でも、それの大半が利息ですから、元金はほとんど減っていません。

元金を減らすためにはそれ以上を返せば良いのですが、そう簡単に返せれば苦労しないでしょう。

そのままの金額を返し続ければ、完済に何年もかかってしまいますし、気持ちの上での負担も大きいでしょう。

怖いのは、限度額いっぱいまで借りて、その返済金に困って他社のカードを作ってしまう事です。

それを続ければまた限度額がいっぱいになって、さらに他社から借りる。

雪だるま方式に増えて、多重債務者になってしまったら、家族や友人になんて言ったら良いでしょう。

結局親に頼るか、自己破産になりかねません。

私は借りていた立場ですが、今は返済して借金はありません。

お金は返せる金額までしか借りてはいけません。そうじゃなければキャッシングには手を出すべきではないでしょう。

※ アルバイトでも借入できるのはココだ!『今すぐ借りたい』なら 

カードローンで安心な買い物を

たまにですが、大きな買い物をしたいなと思う時があります。魅力ある商品が目の前に現れたり、日々の自分にご褒美という意味でちょっと贅沢をしてみたりと色々な理由で大きな買い物をする時があると思います。

特に趣味があったり、コレクターの方であればわかると思いますが、私は欲しいと思ったら購入しないと気が済まないようなタイプです。ですから魅力的な商品は多少無理してでも購入します。

私の場合、大きな買い物といえば車をメインに家具家電となりますが、家具家電にはよくカードローンを使用します。当然ですが、その場の手持ちもないという時もありますし金額が大きくて無担保ローンを組む時もあります。

貯金を取り崩すという方法もあるのですが、溜まっている貯金を取り崩すのも少し気が引けます。貯金を使用した場合「その後になにかあったらどうしょう」なんて考えてしまうからです。急な出費というのはその名の通り急に発生しますから、そう考えると安易に使用する訳にはいきません。ですからほとんどの場合、カードローンを使用するのです。

<PR> 来店不要で即日融資が出来るのはココだね!便利なキャッシング

以前はダイニングのセットを購入しました。お値段的には数十万となりとても一括で払う勇気がありません。しかし、家具家電に関してはある程度のこだわりがあるので諦める訳にもいかず、カードローンで購入しました。

カードローンにすると、一度に発生してしまう負担が、長期に渡り軽減されます。それが最大の特徴だといえるでしょう。現金購入ですと、夢を叶えるには少々時間がかかりますしそこまで我慢できるのかというとあまり自信がありません。

自分の欲しい物を少しでも早く手に入れる為の手段、そう考えるとカードローンは有効な方法といえるでしょう。

あと少しで、そのローンも完済となりますしまた新居に引越したので綺麗な家具を購入する予定でいます。最近はよく家具の展示場に足を運ぶようになりました。また良い家具を見つけカードローンを使用して無理なく購入したいと考えています。

 

カードローンは計画的に

カードローンは本人確認と信用だけで、銀行から短時間で融資を受けることができる便利なシステムです。

この信用だけ、というところがミソでして、このお手軽さから若者を中心に普及していっていようです。

口座に振り込んでもらえる場合もあるので、ATMやキャッシュディスペンサー、銀行まで行かなくてもいい場合もあるようで、とにかくすぐに融資を受けたいときに活用できます。

返済方法はいわゆるリボ払いで、金利が高いというイメージがありますが、最近はそういった悪評を受けてなのか、低金利であったり一定期間は無利子だったりと、だいぶ利用者に優しくなってきました。

また借り入れ金の用途も不問の場合が多いので、本当に便利です。

たとえば三菱東京UFJ銀行の場合の金利は、最高で14.6%。

十万円を三十日間借りるとすれば、支払い利息は1200円とかなり安くなっています。

僕の場合、「これだ!」と思った一点もののヴァイオリンと出会い、絶対に自分が買いたいので手付金をキャッシュで払う場合など、カードローンの便利さが活かされます。

120万円を手付金にしたい場合、半年間借りているとすると、一ヶ月の支払いは約207,000円。

支払い利息はだいたい42,000円となり、人によって感じ方は様々ではありますが、まあ面倒くさい手続きもなく、最速で融資を受けられたと考えれば、不満はありません。

とは言っても、100万円~200万円程度なら、アコムやモビットのほうが金利は安いです。

借入金が大きい場合、銀行のほうが有利なようです。

ただ僕としてはいつも使う銀行のほうが安心でトラブルもそう聞かないので、金利うんぬんより安心感を優先します。

ただ問題は、カードローンはあくまで借金だということ。

信用だけで借りられ、使用目的も問われない――この便利さから、かなりの多くの方が使いすぎて多重債務になってしまっています。

本当に計画的に利用しないと泣きを見ますので、事前にしっかり相談しておきましょう!

ありがたきお金の仕組み

今じゃぁご多分に漏れなく平成大不況の影響をもろに受けて、金回り自体にヒーコラ言っていますが、もっと前、そう、バブルの前後の頃は、私だって結構消費しました^^。

ほとんどつまらない趣味にお金を使っちゃったんですけれど、何て言うか、あういう世の中に生きていると、何かしないと自分が本物じゃない、とか、変な考えを人間は持つものらしいです。

少なくとも私の場合は、時分が仕事意外で何かをやっている、という事実で、自尊心を支えたかったんでしょうね。

まぁとにかく、ローンを組んだり、キャッシングで金を工面したりばっかで、今考えると、もうちょっと大人な考えをすれば良かったと思っています。

特にキャッシングは便利で、上手に使いさえすれば生活のピンチを救ってくれます。

翌月に給料が振り込まれて、来年は少しだけでも昇給するという見込みがあるのなら、自転車操業的な資金繰りでなんとかこなして行けるもんです。

しかしまぁ私の場合は、人生のあの次期、景気は良くても自分の心は一番病んでいたかも(><)。

とは言うものの良い経験でもありました。

キャッシングカードは銀行系のヤツを持っているのですが、これの良い所は、クレジット支払いなどのからみで一瞬、口座の預金がショートした時に即座に立て替えてくれるという事ですね。

もちろん、それで借りた期間、ばっちり利子を取られますけれど。

今時は、インターネットバンキングがあるので、残高やマイナス高を確かめに、わざわざ銀行へ行く必要もないので、そういう風にキャッシング立替が発生した時でも即座に把握できます。

大概、ちょっとだけ残高不足、という事が多いので、その時は、別口座に用意してあるお金を、ショートした方に即座に移動、もちろんインターネット経由ですから楽で便利です。

本当に暮し易い世の中になりました。

バブルの頃と比べれば、より質の高いものがより安く買える今の時代。お金の動かし方もかわったし、その意味ではキャッシング・カードの意味合いも、変わってきたのかも知れませんね。

まぁキャッシングもローンも、有効に生産的な目的のために活用して行きたいもんです^^。

アコムで借りられて助かりました。

銀行系のカードローンの申し込みをしたのですが、今の職場での経験がまだ短いせいなのか、審査に通りませんでした。

どこかからお金を借りないと行けない状況だったので、やむを得ず消費者金融系のアコムで審査を受けることにしましたのですが、こちらは簡単に審査をパスすることができてホッとしました。

何となくイメージ的に銀行系の方が安心で消費者金融系は不安という感じでしたが、実際に借りてみると全然そんなことはなく、とてもクリーンでオープンな印象に変わりました。

必要なときに必要なだけお金が用立てられることの安心感は本当に助かります。

引き出しや入金も簡単なので、これからもうまく付き合いながら、アコムを利用していこうと思っています。

<PR>  アコムの審査をお急ぎの方へ※ネットで借りれるのはコレだね!

 

モビットについて

モビットは竹中直人のCMでもおなじみのカードローンです。モビットは三菱東京UFJ銀行系の会社ですから、バックボーンが安定していることもあり、安心して利用できるカードローンです。

カードローンという融資を行っている会社には、銀行、信販会社、消費者金融があります。

モビットはその中で、消費者金融といわれる会社です。モビットは融資を行うシステムとして、カードローンを扱っています。

カードローンは銀行などでも発行されており、カードが作られることで利用者は必要なときに、いつでもどこでも融資を受けることができます。とても便利に利用できるものがカードローンです。

今では消費者金融でも多くの会社がカードを発行して、カードで融資を受けるシステムを取っています。また最近では、インターネットからの申し込みもできて、WEBから融資を申し込んですぐにお金を受け取れるようになっている会社も多くなっています。

モビットもインターネットからの申し込みができて、融資も可能です。モビットには特に店舗はありませんので、モビットの申し込みをするのはモビットローン申込機からです。ですから、基本的に店頭で担当者が案内するようなことはありません。

しかし、消費者金融を利用したい人の中には、人に見られたくない人も多いので、モビットは大変便利です。

モビットはHPから申し込むときには、申し込み前に融資が可能かを調べるシミュレーションも用意されています。審査が不安な方に配慮されていて、とても便利です。

消費者金融の審査はスピーディーなことが特長ですが、モビットも審査の速さは評価されています。午後7時までの申し込みなら、原則として当日中に審査結果がわかります。即日融資といわれますが、もちろん即日融資も可能です。

モビットは消費者金融の中では金利も低く、利用者にはとても嬉しいカードローンです。バックに銀行がある安定性ですから、銀行系のカードローンと比較しても遜色ありません。

モビットの審査は早い?

モビットのカードローンに申し込みをして、審査に通りカードが発行されると、いつでも借入をすることができます。

借入の方法としては、パソコンやスマートフォンを使っての振込キャッシングが多く利用されています。この方法なら24時間いつでも融資の申し込みができますので、仕事で忙しく銀行やコンビニに行けない人にもとても便利です。

無事に審査に通って初めて借入をするときには、モビット会員の登録が必要になります。会員登録を行うことで、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの全国のATMで借入ができるようになります。

振込みキャッシングの場合は、会員専用サービスの「Myモビ」から振込みキャッシングを申し込むことで、預金口座に直接振り込みが行われます。

会員専用サービスの「Myモビ」は、パソコンやスマートフォン、携帯で利用でき、スマートフォンにはiPhone、Androidともモビット公式スマホアプリが出ています。モビット公式スマホアプリは、申し込みのときにも便利に使えますので、スマートフォンでネットから申し込むときには、ダウンロードして利用するとカードが発行されてからも便利です。

もし既に借入をしていても、利用限度額の範囲内であれば、追加で借入をすることができます。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などの提携ATMから、限度額の範囲内であれば何度でも借入ができます。また、会員専用サービスの「Myモビ」から振込みキャッシングを申し込むこともできます。

借入をするときに提携ATMを利用すると、手数料がかかります。この手数料は、次の返済のときに清算されます。

借入の利用限度額は、利用状況に応じて増減することがあります。返済が遅れたりすると、利用限度額は減額する可能性がありますので、注意したいですね。

モビットの利用限度額は最高500万円となっています。ただし、これは審査により、その人の状況によって決まります。職業や借入状況などから審査したうえで、利用限度額はお客様一人ひとりに対して決められます。